ベストな水素水生成器

どれがいいの?水素水生成器の選び方のポイントとそれぞれの強み

より多くの水素を体内に供給するベストの方法は
持続性ある水素を原子状にして体に入れてあげることです。
水素原子が入った水素水でないと水に還元(無毒化)しない。
それは原子だと、
・OH(活性酸素)+H(原子)=H2O=になりますが、
でも、分子だと、、大き過ぎて
・OH(活性酸素)+HH(分子)≠ 水にならないからです。

 

そして、2つ目のポイントが持続力。
水素は体に入ると30分で抜けてしまいます。
胃酸と中和してしまうこともあります。
さらに、十二指腸で水素が溶けてしまいます。
だから、水素水は食後の胃酸の分泌が少ないタイミングで
飲むのが おすすめです

 

そして、そのための水素原子の生成器が以下の2つ。
その1)アクアクローバー(水道給水、サーバー型で唯一原子タイプ)
その2)マグネシウムタイプの生成器(ドクター水素水、水素水7.0ppm)です。
なかでも、2)水素水7.0ppmは、
常に水素へ還元を続けるため持続力が凄いです!
しかも、ミネラルと結びついていて水素原子が消えません。
さらに、原子だけでなく水素イオンも発生させるのです!
水素の還元力は
「水素分子」「水素原子」 「水素イオン」の順で強くなるため
ダブル還元パワーです。

 

そのうえ、7.0ppmと高濃度です。
)アキュエラ水素水(7.0ppm/マグネシウム)
2)ドクター水素水NEU PREMIUM(2.40ppm/マグネシウム)
3)アクアクローバー (0.5ppm)(据置サーバー)
とブッチ切りです!
さすが、医療現場で活躍しているというのもうなづけます。

 

 

追伸:
水素分子にもなんらかの作用があると考えられているのも事実です。
人間は水素分子を水素原子に活性化する酵素を持っているかもしれないため
高濃度に溶け込んだものなら水素分子でも
体内で原子に変わり無毒化できるという研究結果なども発表されています。
でも、この酵素が弱いときはどうなるんでしょう?
水素原子の生成器のほうが間違いないです。
 
なお、サーバー型であればアクアクローバーがベストです。
これは交流電解によって間違いなく原子を発生させてくれます。
でも、濃度が0.5ppmと低いのが気にはなるところです。